スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外来生物法とアライグマ

最近外来種の脱走や遺棄のニュースがでていますが、そう言う動物や爬虫類等を飼う人は本当に好きで飼っているのか、珍しいからなのかよくわかりません。

我が家のアライグマ3頭も飼い主に捨てられ、現在問題になっている神奈川の方で生まれてすぐに保護された子達です。
去年の春生後1.5ヶ月ほどで我が家にやってきました。

今年6月外来生物法ができました。
アライグマの保護で頑張ってこられた愛護団体の方達もこの法律によってアライグマの保護ができなくなりました。
アライグマは外来生物法によってトップクラスの猛獣扱いにされています。
捕獲したら即殺処分される運命なのです。(又は、実験用の名目で解剖されてもいます)
人間が勝手に持ち込み、かわいいからと言って売られ、かわいいからと言って飼い、成長するにつれ手に負えなくなったと言って捨てられ、自然繁殖で数が多くなり作物や住民への被害が増えたと言って捕獲、そのあげくが殺処分です。

アライグマの事を知らない方が多いと思うので、少しだけお話ししておきます。
私自身もまだ未熟者ですが、これだけは言えます。
決して猛獣ではありません。
とても小心者でちょっとした物音にたいしても恐がり、逃げていきます。
我が家では猫やフェレットのドタバタでさえ驚き隠れてしまいます。
知らない人間に対してもとても怖がります。
特に男性は怖いようです。

発情期に関しては我が家の子達は避妊去勢しているのではっきりしたことは解りませんが、避妊去勢していない場合かなり気が荒くなるようです。
アライグマ


今日はこの辺で、続きは次回へ
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます。

心あたたまるコメントありがとうございました。
試験もおわり、また、ブログを少しずつやって行くので
これからも、よろしくお願いいたします。

たしか、TVで家の天井裏に住み着いたアライグマの特集を見た気がします。
僕のなかで、アライグマのイメージは「らすかる」しか思い浮かばないけど、大きくなるにつれて可愛く無くなるのかな?
そんなやつは、自分の子供の面倒がみれてるのだろうか?ちょっと心配。

2005/10/03 (Mon) 21:46 | とも太 #- | URL | 編集
試験お疲れさまでした。

終わったんですね~。お疲れさまでした。

アライグマと言うと「ラスカル」ってよく言われますね。
そのラスカルで人気が出てアライグマを移入したため、面倒を見きれなくなった人たちが遺棄し、現在問題になっているんです。

アライグマは大きくなってもかわいいですよ~。
さすがに抱っこは重くなってしたくないですが(^^;)

また遊びに行きますね~。

2005/10/04 (Tue) 01:59 | うい #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。