スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロと久々の対面

クマ部屋にしっかりとしたドアを付けてからクロが入っていけなってました。
掃除が終わって久々にクマ部屋へ入ったクロ。
クマ達は寝床でゴロゴロ。
そしてクロのことが気になっていた共ちゃんが近づいて行きました。
よく一緒に遊んで貰ったことを今でもちゃんと覚えているようです。
クロもちゃんと覚えていて全然怖がることもありません。
共ちゃんは3頭の中で一番小さいからクロよりちょっと大きいくらいです。
連とういちゃんはデカすぎてクロの2倍は軽くあるかな!

共とクロ1クロ兄ちゃん久しぶり~\(^o^)/
あそぼ~あそぼ~
早速共はクロに乗っかり遊び始めました。




共とクロ2クロも共の遊び相手をこんな風にしてくれます。



共とクロ3首を捕まえられちょっと嫌がるクロ
でも攻撃はしません。
共がクロに乱暴しないことをちゃんとクロは知っているからです。




アライグマはテレビなどで言われているように決して凶暴ではありません。
とっても臆病者で、もし猫と遊んだことがなければ怖がって自ら近づくことはしません(我が家の子達)
フェレットが部屋へ入っても最初はビクビクでした(^^;
攻撃されないことがわかるとチョロチョロ動くフェレットへ興味を示し、触ろうとします。
もっと慣れてくると捕まえようとしますが、決して乱暴に扱うことはしません。
ただ追いかけて楽しんでいるだけです。

こうしてブログを更新している最中クマ達は何をしているかというと、壁壊しに精を出しているのです\(`o'") コラーッ!

banner.gif最近サボってばかりですが、ブログランキングお願いしますm(__)m

スポンサーサイト

メリークリスマス!

クリスマスといってもクマ達には特別プレゼントをあげたわけではありません。
いつもと変わりなくやっぱりおやつはリンゴでした(^^;
今はみんなですっかり平らげ満足そうにしています。
クマ達が今年も元気で過ごせた事がなにより嬉しいことです。
今年は特定外来生物法なるものが施工され、多くのアライグマを救えなくなったことが辛い年でもあります。

そしてここではアライグマ達しか載せていませんが、愛するフェレットのポッポが亡くなったことが一番辛く悲しい年でした。
フェレットを迎えてから早8年が過ぎてしまいました。
病気になりやすいフェレット達のために毎日健康チェックをしてきたにもかかわらずたくさんの子を見送ってきました。
何度も同じ病気を経験してもやっぱり治してあげられない悲しさと悔しさ。
その経験から西洋医学だけを重視するのではなく、ホリスティック医療との併用を考え現在体調不良の子にホメオパシー治療を取り入れています。
前立腺肥大&膿膀のフェレットブンブン丸にこのホメオパシー治療は最適でした。
西洋医学では膿を止めるために抗生物質を使用します。
肥大が酷くなると手術しかありません。
麻酔のリスクは動物を飼っている方みなさんご存じだと思いますが、数年前スカンクを麻酔で亡くしている私は極力手術をしないで治す方法がないか探していました。
そしてたどり着いたのがホメオパシー治療でした。

また我が家は数が多いだけ医療費も半端な金額ではありませんでした。
それでも小さな命を助けたくて私に出来る精一杯の事を、この子達にこれからもしていきたいと思っています。
出来ることなら苦しむことなく、病気にならず天寿を全うして欲しいと願う毎日です。

kuma相変わらず悪戯ばっかりの連と共です。


uiやっぱり女の子らしくて可愛いういちゃんです。


ポッポ天国へ逝ったポッポ
5歳8ヶ月。
いっぱい癒してくれてありがとう。
天国でみんなを見守っていてね。


blog人気ランキング我が家の悪戯っ子連と共、可愛いういちゃんにポチッとお願いします。

ういちゃん危うし(・・;)

去勢しているアライグマでも発情期が来ると相手を追いかけると聞いていましたが、今まで我が家ではそういう行為はありませんでした。
ところが今日連がういちゃんを追いかけていました。
ういちゃんはバトルも嫌いなとっても大人しい女の子なんです。
そのういちゃんが連が近づくと「ガウガウ・・・」と怒ってました。
このところういちゃんは怒ってばかり

ういちゃん誰も来ないでよ~


ういちゃんその2来ないで~来ないで~
連ちゃんなんて嫌いよ~



ういちゃんその3あ~大変だった~
もう大丈夫かな~



blog人気ランキング大変な目にあったういちゃんにポチッとお願いします。

ういちゃんが怒った(^^;

争いごとを嫌うういちゃんが、今日は凄まじい声を出して怒っていた。
何事かと思ったら、新人フェレットがういちゃんに何かしたらしい。
側を通っただけでドアをガタガタいわせ「フガ~フガ~」とそれは凄まじい声を出して怒っていた(^^;
いったい何があったのか?
我が家のフェレズにも飛びかかり噛みついている。
ういちゃんの声は聞こえなかったが、もしかしたら手を出したときに噛みついたのかもしれない。
我が家のアライグマ達は危害を加えない限り怒ることはしない。
別のフェレットが近づいても怒らないので、ちゃんと見分けは付けているみたい。

うい普段のういちゃんは女の子らしくて、とっても可愛いのに


ピーコぴーちゃん(里子・4歳・♂)ういちゃんに何したの?
ちゃんと謝らないとダメだよ


blog人気ランキングかわいそうなういちゃんにランキングよろしくお願いしますm(__)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。